物流センター受託部門

マルイチ・ロジスティクス・サービスは、マルイチ産商の物流センター運営受託を行っています。 要冷部門(マルイチ産商の水産事業部門の物流センター受託)と常温部門(マルイチ産商の食品事業部門の物流センター受託)の2部門で、12か所の物流センターを受託・運営しています。

要冷部門

マルイチ産商水産事業部の営業拠点の生鮮サービスセンターとして、長野(2センター)、上田(2センター)、佐久、松本、伊那、飯田、北関東、名古屋の合計10ケ所の物流センターの運営を受託しています。

生鮮サービスセンターの取扱商品は、水産(マグロ、鮮魚、塩冷品、塩干品)、ディリー食品(和日配、洋日配)、冷凍食品であり、要冷品のフルライン物流を行っています。そのために、在庫管理においても、超低温、冷凍、冷蔵の適冷温での在庫管理を行っています。

物流機能としては、DC(在庫型物流センター機能)、TC(通過型の物流センター機能)、PC(流通加工型の物流センター機能:保存温度変更、ラベル貼付、小分けなど)の各機能を担っています。

  • 要冷部門写真
  • 要冷部門写真

物流センター機能図

常温部門

マルイチ産商食品事業部の営業拠点の常温センターとして、長野、松本の2か所の食品サービスセンターの運営を受託しています。
食品サービスセンターの取扱商品は、加工食品、菓子、飲料などであり、DC(在庫型物流センター機能)機能を中心に、入荷・保管・ピッキング・配送の効率化をすすめています。

  • 常温部門写真
  • 常温部門写真

受発注センター

マルイチ産商の要冷部門の受発注業務を受託しています。365日、24時間稼働の受発注センターにおけるオペレーション業務を行っています。

  • 受発注センター写真
  • 受発注センター写真

ページトップ